真剣に困難に向き合って初めて手に入るチケット

TicketToMelt(2015)

 

 この曲は2015年3月10日の一緒に煙に巻こうvol.1のリハーサル期間に書いた曲です。完成系としてはガチガチのバンドサウンドになりましたが、最初のデモでは弾き語りでした。弾き語りで曲を作るのは、感情をぶつけるのに適したやり方なのかもしれません。数年前の自分だったら絶対しなかっただろうと思うアレンジになっていると思います。自分達のライブという物に改めて向き合って、これを聴く人はどう感じるだろうという事が最も重要だと考えたからです。「アンマッチ」や「ロックは踊ってもらえない」もそうですが、自分は半音階的なメロディーの進行が大好きなので、この曲にも沢山散りばめています。メジャーキーとマイナーキーの行き来や、転調感、モード感、無調感が自分のソングライティングの目指している所です。ビートルズの様にです。
 心を奮い立たせる為の歌です。自分にとっての何が難しい事なのかは人それぞれ違いますが、追い込まれれば追い込まれる程自分の本心が現れてきます。それは真剣に困難に向き合って初めて手に入れられるチケットなんですよね。自分で使わずにどうするんだ。
 2ndEPのリードトラックです。Youtubeにて先行公開されていますので是非聴いてください。