初めてギターを持った時に思っていた自分のやりたい音楽っていう物は、この曲にほとんど詰める事ができた

ファントム(2015)

 

 「幻をみてるんじゃないかって思う事がこれからずっと増えて行く」って歌詞はずっと前から頭のなかにあって、そういう曲を書きたいとはずっと思っていたんだけど、なかなかポジティブなものにならなくて、何度もやり直してました。実際この文章自体も憂いてる訳だし。でもどうしてもファントムという曲を前向きな曲にしたいと思っていて、それがアルバムを作るという2015年の活動の中でようやく形にできたって感じでした。なので、まさにバンドをやってく中で完成した曲だっていう実感があります。アレンジについては、懲りすぎてるってくらい凝ってます。とくにハーモニーとアンサンブルに関しては俺の趣味がこれでもかってくらい詰まってます。初めてギターをもった時に思っていた自分のやりたい音楽っていう物は、この曲にほとんど全て詰める事が出来ました。

 1stAlbum「ファントム」に収録されています。タイトル曲になっています。是非聴いて下さい。